メニュー

神経ブロックによる痛みの治療

神経ブロックによる痛みの治療神経ブロックとは、麻酔を用いて痛みを緩和させる治療法です。

神経ブロックには主に

  • 神経根ブロック
  • 星状神経節(せいじょうしんけいせつ)ブロック
  • 硬膜外ブロック
  • トリガーポイント注射

などがあり、痛みの症状によってこれらを選択します。

神経根(しんけいこん)ブロック

腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症により圧迫され、炎症を起こしている腰椎から出ている腰椎神経根にレントゲンのモニターをみながら、神経ブロック用の針を直接近傍に刺入し、そこに局所麻酔薬と

ステロイドを注入し、神経根の炎症をとることにより、下肢の痛みを軽減させるブロックです。腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症の際に 神経の枝の炎症による症状が出ている方は、特に効果があります。

当院では、透視付レントゲンを完備し、院長が神経根ブロックを得意としております。

星状神経節(せいじょうしんけいせつ)ブロック

痛みの原因となる神経線維の末梢神経や交感神経節に対し、局所麻酔薬を浸透させることで、神経そのものの機能を一時的に麻痺させ、交感神経を抑制し痛みの伝達をブロックします。

交感神経節ブロックとも呼ばれます。神経痛だけでなく顔面神経麻痺・突発性難聴・多汗症の治療などにも用いられます。

星状神経節は首の付け根付近にあり、ここには頭・顔・首・腕・胸・心臓・気管支・肺などを支配している交感神経が集まっているため施術の応用範囲が広いです。

硬膜外ブロック

硬膜外麻酔と同様の方法で行う方法です。硬膜は脊髄を取り囲んでいる一番外側の膜で、硬膜と黄色靭帯との隙間のことを硬膜外腔と言い、ここに局所麻酔薬などを注入します。

トリガーポイント注射

筋肉などにある痛みのポイント(圧痛点)に直接、局所麻酔薬などを注射する方法です。

一般的な麻酔注射のイメージです。

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME