メニュー

当院の特徴

脊椎外科

私は船橋市立医療センターで脊椎疾患の治療に携わってきました。

一般的によくある腰椎・頚椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症から、交通事故や転落などの脊椎骨折を伴う脊椎の外傷、近隣の病院で脊椎の緊急の手術ができる体制のある病院が船橋市立医療センター以外にはないため、近隣の病院から患者さんをご紹介いただき、急激に手足が麻痺の進行をきたす脊椎の管の急速に圧迫する病態である脊椎硬膜外血腫、膿瘍の摘出、癌などの脊椎転移などの脊椎外科の中でも特に緊急性・専門性の高い疾患に一つ一つに日夜向かい合って診療してきました。

脊椎疾患は診断から治療まで非常に高度な知識と技術が必要です。今日の流れとして手術件数の多い人が、名医かのような風潮がありますが、手術は数が多ければいいというものではありません。技術の向上、あるいは技術レベルの維持のためにはある程度の数を経験することが必要ですが、究極は一人の職人のようなものですから、人間性、自己の研鑽、さらには器用不器用といったセンスも非常に重要です。これらはなかなか外部からはわかりにくく、したがってマスコミ等の情報のみに従って医療機関を選択することは好ましいことではありません。

私は、脊椎手術において、船橋市立医療センターにおいて本当に必要性のある方だけを手術してきたという強い自負を持っています。その中で一つ間違えば手足が麻痺してしまうようなこともある頚椎、胸椎、腰椎の手術を約800例施行してきた経験から、手術しないでいけるのか、手術をしなければいけないのか という「難しい選択」をすることに対して、経験に基づき、最適なアドバイスをさせていただきます。その上で手術が必要と判断した場合は、その方にベストな方法を施行していただける近隣の信頼できる病院をご紹介させていただきます。まだ手術しないでいけるのではないかと判断した方には、投薬、ブロック、物理療法、理学療法、ヨガなど、保存療法の粋を尽くして、全力で当クリニックで加療させていただきます。

リハビリテーション科

理学療法とは病気、けが、高齢、障害などによって運動機能が低下した状態にある人々に対し、運動機能の維持・改善を目的に運動、温熱、電気、水、光線などの物理的手段を用いて行われる治療法です。当院には、理学療法士とアスレティックトレーナの資格を持つ柔道整復師が常勤しております。牽引などの最新の機械も備えております。腰痛・膝痛でお困りの方から、骨折・脊椎疾患手術後・脳梗塞のリハビリテーションの必要な方まで、幅広く良質な理学療法・物理療法を提供させていただきます。皆様のリハビリテーションのニーズに、十分こたえることのできる設備で、皆様の健康をお支えさせていただきます。

スポーツ整形外科

スポーツ整形とは、スポーツを行う人の外傷や障害に対応した整形外科です。

私自身も幼少期からバスケットボール(6年間)、野球(3年間)、テニス(31年間)とスポーツを愛好してきました。特に、テニスはいまだに試合に出場している競技者でもあります。

当院の理学療法士、アスレティックトレーナーの資格を持つ柔道整復師は、スポーツ障害・外傷の治療も得意としております。競技者の気持も考えつつ、各競技の運動内容や、スポーツレベルの多様性、種目による障害・外傷の特殊性などを理解したうえで、早期の復帰を目指して装具・運動療法・リハビリ療法などの総合的な治療に当たります。
その上で手術が必要と思われましたら、ベストの治療ができる近隣のしかるべき病院にご紹介いたします。 

院長のテニス実績  

北信越学生テニス選手権

シングルス ベスト32(1992年)

北信越学生テニス室内大会出場 

(1992年)

千葉県テニストーナメント(JOP対象)

一般 シングルス ベスト32(2001年)

ベテラン45歳以上 

シングルス ベスト8 (2015年)
シングルス ベスト16 (2017年 2016年 2014年) 

千葉県テニス選手権  (JOP対象)

ベテラン45歳以上 

シングルス ベスト16 (2017年 2015年) 

船橋市民大会

45歳以上 ミックスダブルス ベスト4 (2017年 2015年)

 

関節・リウマチ科

関節リウマチとは自己免疫疾患の一つです。男女比は1:4と女性に多く、働き盛りの30-50歳代が発症のピークと考えられています。

免疫の異常により関節を裏打ちしている滑膜という組織に持続的な炎症が生じる疾患で、典型的には手の指や足の指などの小さい関節に対称性に関節炎が生じますが、膝などの大きな関節が侵されることも少なくありません。薬物療法でしっかり炎症を抑えないと軟骨の破壊と骨には穴があいたようなびらんが生じ、最終的には充分機能しない関節になり、外観上も上肢、下肢の高度な変形なども生じます。また、頚椎なども侵されることもあり、それにより、手足が動かしづらくなったりすることもあります。日常生活が不自由になるだけではなく、内臓の病気も発生したり、寿命にも影響することがあります。私は日本整形外科認定リウマチ医であり、診断・投薬・加療を行っていきます。その他、変形性膝関節症、変形性股関節症などの関節疾患、五十肩、むち打ちなどの加療も行っていきます。

ヨガプログラム

ヨガプログラムのページをご参照ください。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME