メニュー

痛風の治療

暴飲暴食した翌朝、あるいは スポーツ等の急激な水分脱水により血液がやや濃縮した状態になった時に、急に足の親ゆびのつけ根が赤く腫れて痛くなることがあります。風が吹いても痛いということで、「痛風」と呼ばれています。尿酸が体内に蓄積し結晶化して関節などにあらわれ痛みをともなう疾患で、尿酸の結晶比重が高いため、足の親ゆびのつけ根が多いのですが、足関節、足の甲、アキレス腱のつけ根、その他、膝関節、手関節にも激痛発作が起こることがあります。耳介に痛風結節や尿路結石が出来ることもあります。生活習慣病(肥満や高血圧など)を合併することも少なくありません。痛風発作を何度か経験している人は、発作の前兆(違和感)を感じることがあります。発症すれば 背部の激痛を誘発する尿路結石や、長期的には 血管への障害性もあり、心筋梗塞、腎臓病などの可能性も高くなることが知られているので、しっかり 痛風の原因となる尿酸値を下げる必要があります。

原因

アルコールは肝臓で尿酸がつくられるのを促進し、尿酸の濃度を上げてしまうため痛風の原因となっていると言われています。そのほか、精神的ストレスや水分摂取の不足も原因となることがあります。

治療

水分補給のコツ、痛みの発生を抑える薬や炎症を抑える薬などの投薬によって治療いたします。また、食事の改善なども指導いたします。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME